東京葬儀式 葬儀での斎場 東京の詳細について

東京葬儀式では葬儀に欠かせない斎場 東京を一番近いところから紹介しています。
町屋斎場は、葛飾区や荒川区、北区などの人が多く利用していて、東京都荒川区にあり10か所の葬祭ホールと12基の火葬炉を持つ火葬場が併設された総合斎場です。

通夜から告別式、火葬まで同じ施設内で出来る様になっていて、火葬のときに霊柩車やマイクロバスなどの手配をすることもなく徒歩で移動が可能なので費用や時間を節約出来ます。
大規模な葬儀から少人数の密葬、家族葬まで対応出来ますし、遺体の預かりや通夜から精進落しまで葬儀全般を行えます。
宗派問わず安心して誰でも利用が出来ます。

また四ツ木斎場は葛飾区や墨田区や江戸川区の人が多く利用されていて、東京都葛飾区にあります。
ここは4か所の葬祭ホールと9基の火葬炉を持つ火葬場が併設された総合斎場です。
こちらも町屋と同じく通夜から告別式、火葬まで全て同じ施設内で行うことが出来ます。

東京都新宿にある落合斎場も紹介しています。
ここは4ヶ所の葬祭ホールと10基の火葬炉を持つ火葬場が併設された総合斎場です。

通夜から告別式、火葬まで同じ施設内で出来ますが火葬のときは霊柩車が必要です。
ただハイヤーやマイクロバスの手配は不要で徒歩で移動が出来ます。

他にも堀ノ内斎場や代々幡斎場、桐ヶ谷斎場に多磨日華斎場、臨海斎場や戸田斎場、谷塚斎場と東京の斎場を紹介出来ますので幅広い地域の人に紹介出来ます。

東京葬儀式が提案しているプランは斎場を利用するセットプランなので、駅から近い斎場が多くてマイクロバスやハイヤーなどの手配が必要なく費用の負担も少ないため利用しやすいです。

Posted by: Anmitu on